一弘電機 経営安定へ電気工事強化

2013年1月30日

中部地区では、昨年前半は穏やかな景気回復が期待されたが、10月以降悪化した状態である。大手電機メーカーの工場の撤退や縮小が続いており、我々流通業界にも影響を与えている。 こうした状況下で、当社の2012年12月期は、増収増益となった。 盤用機器などは依然厳しい状況にあったが、アミューズメント関連部品が大幅に伸長したことに加え、電気工事部門も予想を上回る受注で売り上げを伸ばすことができた。 今年の景気は昨年よりも良くなるとの期待を持っているが、世界の情勢に左右される今日、1年を終わってみないと分からない。ただ、最近は家電製品などで「メイドインチャイナ」に混じって、日本メーカーが「メイドインジャパ…