セフティデンキ 安全・安心視点で市場創造

昨年は、当社設立30周年の節目であったので、創業時の原点に戻り社名の「セフティ」イコール安全・安心をキーワードに環境、省エネ対策の商品企画に積極的に取り組んできた。とくに、東日本大震災を一過性の記憶に終わらせてはいけないとの思いから「リメンバー3・11」をテーマに災害対策製品総合カタログを発行、また、エコマスク、無電極照明、LED照明、透明性放熱塗料などを販売できた。

今年も引き続き、「お客様のニーズ」という原点から市場動向を把握し、先取りした安全・安心関連製品の企画に取り組んでいきたい。

景気は昨年から続く欧州の金融危機、それに伴う中国や新興国の経済成長率の鈍化など厳しい環境に変わりがないと思う。

日本は復興投資関連、国民と産業界で盛り上がっている省エネ・節電対策関連の市場が引き続き拡大するが、ダイナミックな転換が求められている。

日本は1955年から73年の高度経済成長期に建設された社会インフラが老朽化し再整備の時期を迎えている。公共施設などの建物や道路の新規建設ではなく、成熟社会に適した社会全体のリニューアルへ公共投資の舵を切る好機である。当然のことながら、安全・安心が切り口になる。新たな市場も出てくる。

配線資材業界に籍を置く我々にとっても、既存の市場に加え新規市場創造へ取り組む機会が生まれる。日本配線資材工業会の一員として業界の発展に貢献していきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG