鳥居電業 継続した教育で技術向上

2013年1月30日

次への成長に向けてスタートした中期3カ年計画初年度の今期売り上げは、前期比10%ぐらい減少しそうであるが、1月から受注が上がってきており、3月までの残り期間の状況によっては上振れも期待できる。今年も中期計画を基本に、継続した取り組みで臨む。 現在、売り上げの約33%を占める医療・医薬、ヘルスケア関連と、電池、スマートメータなどのエネルギー関連の2つを今後の期待分野にして、売り上げの拡大を進めていきたい。 また、顧客の海外移転に対応した中国・上海の販売拠点も軌道に乗ってきているが、今後はタイ、インドネシアなどのアセアン市場をターゲットにした販売拠点の開設も検討していく。 一方、扱い商品の充実に向…