日昭無線 地道に「微」市場を集大成

昨年は欧州金融危機が長引き、新興国の経済成長まで鈍化し、国内では円高、尖閣諸島問題が発生するなど揺れ動く国際情勢にお客様の製造業は左右され、我々電子部品商社もその影響を受けた。

今年は安倍新政権の発足で円安へ為替が振れている。デフレ脱却へ日本銀行とインフレ目標2%の早期実現を目指すことも決まり、景気は穏やかに回復すると思う。ただし、長期的に見れば、日本は力がなくなってきており、少子化による影響もじわじわと出てくる。そのことを念頭に経営に取り組む必要がある。

2012年12月期は、売り上げが減少したものの利益は前期より増加した。2年前から社員の行動を洞察・指導するために、全ての顧客を知るよう取り組んできた結果、一人一人が経営者的な感覚を持つようになり、営業の訪問件数も増えて、増益につながった。

今12月期は売上高15~20%増、粗利益率改善を目標に取り組んでいく。4月以降に納入予定の大口物件も出始めている。また、光、無線、LED照明用電源などエコ関連の製品の販売に注力する。LED照明用電源は住宅用に採用される見通しであり、鹿児島工場もさらに忙しくなる。

新商材も最低2点は販売したい。医療、照明、省電力分野でニッチな市場を狙える製品に焦点を当てる。網は小さくして小魚も逃さない、いわば「微」市場の集大成のつもりで展開する。

社内組織はより一層フラットにし、全員が同じフィールドで経営者感覚を活かしながら会社を成長させたい。少子化が進む中で、大切なことではなかろうか。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG