パナソニック・エコソリューションズビジネスユニット基軸に価値競争で利益拡大へ

2013年1月30日

パナソニック・エコソリューションズ社(長榮周作社長)は、BU(ビジネスユニット)基軸の経営、フリーキャッシュフロー(FCF)経営、利益重視の経営を推進し、価値競争による売り上げと利益の拡大を目指す。 同社は、旧パナソニック電工が手がけていた照明、情報機器、電設資材、住宅設備・建材の各事業や、太陽光発電、蓄電設備などエネルギー関連製品、食品システムなど、パナソニックグループの製品群を活用した統合的なソリューション事業を推進するため、2012年1月に設立された。 昨年は、特に創蓄のエネルギーマネジメントシステム事業、非住宅のエンジニアリングとサービス領域の拡大を強化プロジェクトとして推進してきた。…