操作用スイッチ オータックスが海外販売強化欧米の代理店拡充へ

2012年12月19日

オータックス(横浜市港北区新羽町1215、Tel045―543―5621、富田周敬社長)は、操作用スイッチの海外販売を強化する。市場規模の大きい欧米に販売代理店数を増やして市場ニーズに対応したきめ細かな販売を展開し、競争力を高める。 同社は産業用スイッチの専業メーカーとして、DIPスイッチ、電源スイッチを中心に、独自の接点技術を特徴にアピール。特にDIPスイッチではグローバルトップの月産130万個の生産能力を有する。従来、欧米市場にはDIPスイッチを中心にスイッチの大手メーカーへのOEM販売を主体に展開してきた。OEM販売は開発と生産に専念できる利点はあるものの「OEM先が販売しきれていない顧…