操作用スイッチ各社の主力製品 オータックス DIPスイッチ「KHWシリーズ」 低ハロゲン対応ハーフピッチ

2012年12月12日

オータックスは、スイッチメーカーとして、創業原点に返った新たな取り組みを強めている。スイッチに加え、端子台、操作パネルユニット、アルミニウム加工関連商品、緩み防止機能付きネジなども生産しており、新たにDMMS(開発型総合機構製品製造サービス)も開始している。 スイッチは、DIPスイッチ、電源スイッチを中心に品ぞろえしているが、中でもDIPスイッチは業界トップの実績と生産能力を有し、着実な浸透を図っている。 DIPスイッチのうち低ハロゲン対応ハーフピッチの「KHWシリーズ」は、既発売のKHSシリーズの形状・性能を維持しながら、業界で初めて難燃剤のハロゲンの使用を低く抑えている。 ハロゲンはRoH…