デュアル自動油圧ポンプ発売日本プララド

2012年12月12日

日本プララド(神戸市西区岩岡町古郷255―6、TEL078―967―3556、佐伯洋社長)は、デュアル自動油圧ポンプを発売した。

新製品は、油圧トルクレンチ用(80MPa)とボルトテンショナー用(160MPa)の両方を兼用できる。1台で2役でき、それぞれを2台持つ必要がない。

マイクロプロセッサーと油圧センサを内蔵、油圧ポンプにホースと油圧トルクレンチを接続して1ストローク試運転するだけで油圧レンチの機種、油圧ホースの長さ、膨張量を瞬時に記憶、ポンプがすべて自動運転する。

オプションのデジタルコントロールユニットで、ボルト締結のトルク管理、回転角度管理が行え、設定トルクまで自動で締め付けた後、さらに設定した増し締めの角度まで自動運転で回転角度締めができる。