NO IMAGE

横河メータ&インスツルメンツ波長可変光源を2モデル

横河メータ&インスツルメンツ(東京都立川市、金子洋社長)は、マルチアプリケーションテストシステムAQ2200用に、Cバンド、Lバンドの波長帯で自由に波長を選択できる波長可変光源、Grid

TLSモジュールAQ2200―131(1チャネルモデル)、同―132(2チャネルモデル)を発売した。両モデルで今年度100、次年度300モジュールの販売を目標とする。

新製品は、C、Lバンドで一般利用の波長帯でITU―Tによって規格化されているグリッド間隔で波長を選択できる。このため光伝送装置、光増幅器の仕様に合わせて光源を購入する必要がない。

AQ2200は、モジュールを自由に組み合わせて必要なアプリケーションを構築するため、多くの光源が必要な特性評価でも複数の光源モジュールを1台に組み込める。また、2チャネルモデルは省スペース化を実現。

標準と高機能モデルの2種類をラインアップ。スペクトル線幅が0・1MHzの高機能モデルでは、デジタルコヒーレントシステムの評価が可能となった。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG