Fa制御機器業界 難局乗り切りに全力省エネ関連事業に重点 専門商社も得意分野強化

2012年11月21日

Fa制御機器業界は、昨年後半から継続している中国、欧州での需要の停滞、国内での電子部品・半導体産業の設備投資抑制などを受け、厳しい状況が続いている。このため、関連するメーカーでは、確実な需要がある「省エネ、創エネ・蓄エネ」関連事業への注力や、新興国での事業拡大に努めている。一方、専門商社では好調な動きを示す電設資材や受配電設備関係に引き続き注力するほか、Webビジネスの強化や通信ネットワーク事業の拡充など、各社が得意とする事業分野を強化し、難局を乗り越える姿勢がうかがえる。 今年上半期の国内のFA制御機器業界の状況は、自動車関連業界向けの需要がほぼ前年同期並みで推移したものの、電子部品や半導体…