「横浜スマートシティプロジェクトと大規模蓄発電システム見学会」エネルギー・資源学会12月10日に実施

2012年11月21日

エネルギー・資源学会(山地憲治会長)は、2012年度第4回研究会として、12月10日正午から午後6時まで、「横浜スマートシティプロジェクトと大規模蓄発電システム見学会」を行う。見学場所は、横浜市磯子区汐見台の東京ガス磯子スマートハウスエスペランサ磯子A棟と、横浜市栄区田谷の住友電気工業横浜製作所。

経済産業省は「次世代エネルギー・社会システム実証事業」を推進しており、横浜スマートシティプロジェクトはその一つである。見学の内容は、東京ガスが実施する集合住宅版スマートハウス実証試験と、住友電気工業が実施する大規模蓄発電システム実証試験など。

定員は40人程度。参加費は正会員・特別会員7400円・学生会員3200円・非会員1万500円(バス代・消費税込)。

参加申し込みは、同学会HPの「行事申込」、または申込書記入の上、FAX(06―6446―0559)で申し込むこと。