基板や配電盤の温度低下に効果合同インキ放熱塗料を開発

2012年11月21日

インキメーカーの合同インキ(大阪市生野区鶴橋1―6―6、TEL06―6716―2851、坪井良平社長)は、透明性と放熱性を併せ持つ、透明性放熱塗料「UNI Cool(ユニ・クール)」を開発、基板や配電盤の発熱を抑える新しい素材として、本格的な販売を開始した。 UNI Coolは、熱エネルギーを赤外線により熱放出する原理を利用した透明性を持つ放熱塗料。塗工後、放熱性能により、基材や周囲温度を下げることが可能である。赤外線により熱を移動・吸収し、環境温度の低い側へ熱放射する特性がある。基板に塗工した場合、熱源で生じた熱エネルギーを、放熱板と基板に塗工したUNI Coolにより筐体側に熱放射する。さ…