混沌時代の販売情報力黒川想介 新しい経験にチャレンジする

2012年11月7日

年齢を重ねれば重ねるほど頑固になると言われている。新たに経験していくことが少なくなっていくから当然のことと言えるかもしれない。それまで経験したことの中で慣れ親しんだものに固執してしまうからだ。販売員の営業スタイルは一度、固まってしまうと容易に変わらない。販売員が営業に出始めたばかりの時は必死に顧客を見て、顧客の言っていることを一生懸命に理解しようとする。そして顧客の意に沿うように一生懸命に活動する。慣れてくると顧客が少しずつ見えてくる。自分達の売ってる商品のこともわかってくる。そこで一息つく。これが大半の販売員の通る道である。そこからが販売員の勝負が始まるのだ。 一般的には先輩達の行っている営…