躍進するFA・制御機器流通商社 東亜無線電機江見一男社長 自社ブランド製品を拡充

東亜無線電機は「人と情報のネットワークを拡げる東亜無線のヒューマンテクノロジー」をテーマに、グローバルネットワークを構築、各種の電子機器・部品、通信機器、情報機器を提供している。自社ブランド「temcy」では既存製品の機能充実に加え、製品のラインアップ拡充を図っている。

蓄電装置(サブブランド「AdePower」)「TPSシリーズ」の電池容量は5kWhを標準とし、1kWh、3kWhなどユーザー仕様でカスタム対応し、緊急時の長時間電力供給などに採用されている。さらに自社の通信技術を応用したリモート監視対応蓄電装置を追加し、蓄電装置の「見える化」を実現している。

リモート監視対応蓄電装置は、遠隔で電池及び出力状態を監視。異常には充電停止、出力停止を遠隔操作で行える。

temcyオリジナル組み込み基板では、新たにワイヤレス・センサネットワークモジュール「TMD3591AD/SR/PC」を7月に発売。センシングをもっと身近にするために、近接・照度センサ、温度センサ、3軸加速度センサ、湿度センサ、ホールセンサを標準搭載し、多彩なアプリケーションを提案している。

既存シリーズでは、ロームの組み込み用途向けIEEE802・11b/g/n無線LANモジュール搭載の開発キット「TMD3591AD/DP」が、TCP/IPスタックを内蔵しセットへの無線LAN搭載を簡単に実現。これらの商品は、少量ロットの量産製品にも対応できるよう1台からでも購入できる。

(http://www.eleshack.co.jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG