Check !!

FA・制御機器流通市場 中部地区 航空宇宙産業に期待優秀な人材確保が不可欠

中部地区の産業基盤の中核をなす自動車産業は、尖閣諸島問題により、中国での現地生産販売に支障が出ており、先の見えない状況にある。トヨタ自動車では中国での販売台数が20万台減少するという見方もあり、その影響は避けられない。自動車関連の部材を扱う商社では、今のところまだ大きなダメージは受けていないが、下期にはジリジリと影響が出てきそうだ。

中国に現地拠点がある商社では、しばらくは営業活動が行えず、社内待機を余儀なくされたところもあり、営業活動が再開できても、注文が取れるかどうかは未知数だという。

一方、自動車よりも今後期待できそうなのが、航空宇宙産業だ。この地区で初めての「国際航空宇宙展」がこのほど、「ポートメッセなごや」と中部国際空港「セントレア」で開かれたが、約16万人が訪れ、盛況を見せた。600以上の企業・団体が出展、海外からも30カ国以上が参加、航空・宇宙関連分野の製品が一堂に展示された。

特に注目を集めていたのが、三菱航空機が独自に開発している日本で最初の小型のジェット旅客機「MRJ」で、機内模型の実演展示では、多くの来場者が座席に座るなどして広い室内を体感していた。三菱航空機の本社は名古屋にあり、関連部品メーカーなども多く、中部地区の商社の活動が活発化しそうだ。

それに対して、電機、半導体不況の影響からか、エレクトロニクス関連の展示会は参加企業、来場者数ともに、やや寂しい状況にあるようだ。工作機械は、国内向けは横ばいとなっているものの、海外向けは欧州、中国向けに弱い動きがみられることから、全体としてはやや減少傾向にある。管内主要8社の金属工作機械受注(国内向け)を見ると、一般機械工業向けが3カ月連続で、自動車工業向けが2カ月ぶりに前年を下回り、全体でも3カ月連続で前年を下回った。

設備投資は、緩やかに増加している。特に製造業の自動車、一般機械などで増加する計画だが、中国情勢によっては流動的だ。

こうした状況下、中部地区の商社では、今後進展が見込めそうな新規分野、領域を模索している。電気自動車、環境、新エネルギー、アグリ関連、健康医療機器などだ。電気自動車は、リレーやノイズフィルターなどのEMC対策部品のデバイス商品、周辺の充電スタンド、蓄電池関連などで需要が増えそうだ。

FA関連機器だけにこだわらず、民生機器にまで取り扱い商材を増やそうとしているところもある。ガス関連、厨房機器、給湯器、マッサージ器、医療用カメラのモーター、スイッチなどの部材にまで領域を広げれば、個々の売り上げは小さくても、合算すれば堅調な売り上げに結び付いてくる。

商社が今後生き残っていくためには、優秀な人材の確保も不可欠な要因だ。既存の商品の知識はもちろん、顧客に幅広い提案ができるような知識を付けてもらうため、各種研修で実力を付けさせる商社が多く見られる。海外に拠点を有する場合は、研修で一定期間派遣するところもある。語学力も身に付き、グローバルな人材づくりに役立っている。

特に様々な知識を吸収しやすい若手幹部には集中的に外部セミナーなどの研修を実施し、数年先を見据えて人材育成に注力している。

システム製作などを全て外注していると、コストがかかるので、メーカーなどに対するM&A、グループ化に力を入れようとしているところもある。そのためには、情報網の整備が大切だ。優良企業をグループ化しないと意味がない。

当初、今年度は景気が徐々に回復するという見方が多かったが、中国問題で下期は減速するという状況になってきた。こうした不況に打ち勝てるよう、商社では海外展開、提案営業などで社内体制を強化していく必要がある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG