高解像度HDカメラ竹中エンジニアリングが3機種

竹中エンジニアリング(京都市山科区東野五条通外環西入83―1、TEL075―594―7211、穂積正彦社長)は、高解像度で高精細なフルHDカメラ「VCC―C900HD」(カラー)、「VSC―DN900HD」(デイナイト)、「VHC―IR900HD」(デイナイト+紫外線)3機種を発売した。

いずれも高画質で高精細の映像が、ほぼ遅延のない状態でモニタリングが可能。従来の配線(同軸ケーブル)がそのまま利用でき、カメラ・録画装置の配線の引き直しが不要である。

2メガピクル1/2・8型プログレッシブスキャンCMOSセンサを採用し、解像度1920×1080の高精細な画像表示を実現。非圧縮で伝送し遅延がなく、フルハイビジョンの映像がモニタリングできる。

1画面を1回の走査で行うプログレッシブスキャン方式を採用、動きのある被写体に対しても、チラツキのない滑らかな輪郭で画像が表示できる。

2・8倍/3倍のメガピクルバリフォーカルレンズを搭載。監視場所に合わせキメ細かい画角調整が可能。カメラの近くで画角・フォーカスの確認ができるアナログ映像出力端子も搭載。

3倍バリフォーカルレンズは、広角f=3・3ミリ~標準f=10ミリ、水平画角107度~35度、垂直画角55度~19度。2・8倍同レンズは、広角f=2・8ミリ~標準f=8ミリ、水平画角120度~41度、垂直画角63度~23度。

VSC―DN900HDとVHC―IR900HDは、設置場所が明るいところにはカラー映像、夜間など暗いところには白黒映像に自動に切り替えるデイナイト機能を搭載。

なお、フルHDカメラ対応のデジタルレコーダ、21・5型フルHDカラー液晶モニタも同時発売した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG