C言語コントローラ三菱がハイエンド品ATOMTM最大限に活用

2012年9月12日

三菱電機は、MELSEC―QシリーズC言語コントローラのハイエンド品として、「Q24DHCCPU―V」の販売を開始した。価格はオープンで、2012年度700台の販売を計画。 新製品は、インテルのATOMTMと512MBのワークRAMを搭載して、大容量のプログラムを高速に実行でき、半導体製造・FPD製造・太陽電池製造・公共インフラ分野などの用途に使える。特に、システム制御用とユーザープログラム実行用の2つのマイクロプロセッサーを搭載したことで、ATOMTMを最大限活用でき、システム制御側の負荷に影響を受けずユーザープログラムの実行や、システムを停止させずにユーザープログラムの書き換えといった作業…