ピルツジャパン省スペース、低コストを実現安全リレー「PNOZcompact」

人と機械の安全を守るピルツジャパンは、専門メーカーとして豊富な実績と品ぞろえで取り組みを強めている。

新製品の安全リレー「PNOZcompact」は、省コスト・省スペースを実現できる安全リレーユニットとして、コストの削減に大きく貢献。サイズが105×22・5×100の超コンパクト設計で、制御盤に省スペースで収納できる。また、配線作業は装置に固定された押し込み式スプリング端子に配線をつなぐだけで接続でき、工具などが不要。さらに取り付けも、ユニットをワンタッチでDINレールにはめ込むだけのため、作業時間を大幅に節約でき、メンテナンス作業なども容易に行える。安全規格は、EN
ISO13849―1のPL
e、IEC62061のSIL
CL3に適合している。

一方、安全コントローラ「PNOZ
mm0.1p」と「PNOZ
mm0.2p」は、より多くのユーザーに低コストな安全回路設計が実現できるように、通信モジュールを追加してEthernet通信を可能にしている。セーフティリンクモジュールの追加により、P
to
P接続で安全コントローラ間の安全通信も実現できる。
(http://www.pilz.com)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る