安全対策機器関心一層高まる 12年4月労安衛生規則で新通達 製造業以外にも広がり

2012年7月18日

製造業において機械安全対策への取り組みが年々強化されている。厚生労働省が発表した2011年(1~12月)の労働災害事故による死傷者数は、全産業で前年比3・3%増の11万4176人となっており、ここ数年、増加傾向が続いている。こうした状況を受け、各企業では機械安全対策における取り組みを強化している。現場で働く人の安全意識の向上とともに、ミスなどにより誤操作をしても事故が防げるような装置やシステムの導入を図っている。夏以降に向け、東日本大震災からの復興需要も見え出しており、改めて安全対策機器への関心が高まっている。業界団体では、日本電気制御機器工業会(NECA)が、安全関連事業のさらなる展開として…