単一コネクタでオス・メス接続が可能ニチフが圧接形中継コネクタ

圧着端子・圧着スリーブのトップメーカー、ニチフ(大阪市鶴見区鶴見1―3―58、TEL06―6911―1411、森良夫社長)は、単一コネクタでオス・メス接続が可能な圧接形中継コネクタ「セミ・シェップ(SEMI
SHEP)NDC2420」=写真=を好評発売中である。

NDC2420は、単一コネクタでオス・メス接続が可能。さらに電線被覆むきが不要で、プライヤで簡単に接続できる特徴を持つ。

電線接続後、コネクタのガイドに合わせてスライドさせ、コネクタ同士を連結することが可能で、多極として使用することもできる。また、必要に応じコネクタの抜け防止のため「連結板」(別売)で固定することもできる。

適合電線サイズ0・2~0・5平方ミリ、AWG24―20。最大被覆外径2・1ミリ。定格電圧100V、定格電流AWG24―22使用時2A、AWG20使用時3A。

同社は、端子の連続圧着加工を可能にした「ICT絶縁被覆付き連鎖型端子」や、端子舌部(接触部)の硬度を高めた「HS端子」など、独自の高性能端子を開発・販売しており、高い評価と実績を得ている。さらに、使用条件に応じた特別注文にも応じている。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る