FA機器の主力工場名古屋製作所 三菱が新生産棟建設65億円投資14年1月に稼働

2012年7月18日

三菱電機は、FA機器の主力工場である名古屋製作所(名古屋市)内に、新生産棟を建設する。2013年12月に竣工し、14年1月から稼働開始する予定。投資額は約65億円。名古屋製作所では、シーケンサ、サーボモータ、プログラマブル表示器など同社のFA事業を支える中心製品を生産している。 国内や、中国、インドなどでのFA機器の需要拡大が続くなかで、製品の心臓部となるキーパーツの供給能力確保を図るために、国内のマザー工場である名古屋製作所内に新たに生産棟を建設して、FA制御機器と海外拠点向け駆動制御機器用キーパーツの量産体制を強化するもの。稼働すると生産能力は現在の1・5倍に拡大する。同時に、開発・設計部…