光電・近接センサ各社の主力製品 ピーアンドエフボジョンエンコーディングシステム「WCS3B」 移動速度750メートル/分まで対応

ピーアンドエフは、FAセンサーとしてポジションエンコーディングシステム「WCS3Bシリーズ」の拡販に注力している。

WCS3Bは、複数の光電センサを内蔵したセンサヘッドと、絶対値を持った樹脂製、またはステンレス製のコードレールで構成される。

センサヘッドは、移動体に装着しコードレールを跨いで設置、プラスマイナス0・4ミリの精度でコードレールの絶対値を読み取っていくことができる。

主な特徴は、移動速度750メートル/分まで対応でき、直線だけでなく曲げ半径0・5メートルの曲線部にも設置可能で、用途が広い。また、絶対値制御が可能なため、制御上の基準位置を設ける必要がないなど、使いやすい。

さらに、非接触での設置を簡単にするアクセサリもそろっている。通信ネットワークはDeviceNet、Profibus DP、Ethernetなどの各バスに接続できるほか、パラレルインターフェイスでPLCに接続が可能。

主なアプリケーションは、自動車コンベア、自動倉庫、天井走行クレーン、台車、搬送機械など。

(http://www.pepperl‐fuchs.jp)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る