光電・近接センサ各社の主力製品 北陽電機セーフティレーザスキャナ「UAM-02LP-T301」 世界最小サイズのボデイ実現

北陽電機は、安全カテゴリ3に対応する、世界最小サイズのセーフティレーザスキャナ「UAM―02LP―T301」を好評発売中である。

UAM―02LP―T301は、安全カテゴリ3に対応する世界最小のコンパクトボディ(幅90ミリ×高さ97ミリ×奥行99・8ミリ)のセーフティレーザスキャナ。低床タイプのAGV(工場内無人走行台車)にも最適なサイズ。

AGVの接近警報用途以外にも、存在検知・侵入検知として使用でき、防護領域の一部を無効化できるミューティング機能も搭載。

出力は防護領域を1点、警告領域を2点装備しており、16パターンの任意のエリア設定が可能で、パソコンからの専用アプリケーションで簡単にエリア設定できる。

同社では、これまで測域センサとして好評であるデータ出力仕様や屋外仕様に加え、今回、新たにセーフティ対応のシリーズ化を行うことで、さらに幅広いニーズに対応できるようになった。

(http://www.hokuyo‐aut.co.jp)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る