光電・近接センサ各社の主力製品 IDEC小形光電スイッチ「SALE-L形」 30メートルの距離も位置決め簡単

IDECは、微小ワークや高速移動ワークを安定検出する、アンプ内蔵小形光電スイッチのレーザタイプ「SA1E―L形」を好評発売中である。

光源に、視認性が高く安全に使用できるクラス1(IEC、JIS、FDA)の赤色レーザを採用し、30メートルの長距離でも位置決めが簡単。

クラス最速レベルの応答速度250μ秒で、ライン上を狭い間隔で高速に移動するワークも確実に安定検出する。距離設定反射形のBGSタイプは、最小検出体0・2ミリを実現。

独自の光学レンズ調整機構(特許出願中)を採用している。

機械や設備に設置する際の光軸調整が簡単で、検出距離が長い場合や、小さなワークを読み取る場合に威力を発揮する。

使用周囲温度は55度まで対応。保護構造IP67で、粉塵環境や水蒸気の中でも安定した検出が可能。

透過形(検出距離30メートル)、偏光回帰反射形(同0・3メートル~10メートル)、距離設定反射形BGSタイプ(同20ミリ~300ミリ)を用意、多彩な検出ニーズに対応する。

(http://www.idec.com/japan/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG