リフレクタ付き3色発光チップLEDロームが業界最小

ロームはこのほど、リフレクタ付き3色発光タイプでは業界最小となる1・8×1・6ミリの小型高輝度チップLED「MSL0301RGBW」(4ピンタイプ)、「MSL0401RGBW」(6ピンタイプ)を開発、モバイル機器やアミューズメント機器などに向け販売を行う。11年11月からサンプル出荷を開始(サンプル価格1個50円)しており、12年5月から月産300万個体制で量産を開始する。

ロームはこれまで、超小型モールドタイプの「PICOLED―RGBシリーズ」や、高輝度リフレクタ付きタイプの「SRGBシリーズ」を発売、携帯電話の文字やアミューズメント機器のキャラクター表現に採用されるなど、高い技術力を蓄積してきた。

新製品は、PICOLEDシリーズで培った小型化技術を駆使し、クラス最高輝度を実現。高い集光性と輝度を保持したまま、リフレクタ付きチップLEDでは業界最小サイズの1・8×1・6ミリを実現。実装面積を大幅に削減した。

発光素子の高密度化による高い混色性リフレクタケース付きで、横方向への光漏れがなく、正面の光度を大きく向上。

さらに、独自の配線パターンにより発光素子の距離を近づけることで、表現力アップに欠かせない高い混色性も実現。これにより超精細で高輝度なLEDマトリクス生成が可能となり、アミューズメント機器での表現力アップに貢献する。_

3色発光タイプLEDは、光3原色RGBのそれぞれの発光素子を1パッケージに搭載。白色を含めフルカラーでの発光が可能である。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る