NO IMAGE

アズビルと東北大学東北の復興支援へ協定

アズビルは、東北大学大学院工学研究科情報知能システム研究センターと、双方が保有する画像処理技術の学術面での発展ならびに産業における応用分野の開拓、さらには東日本大震災被災地域の企業支援を目的として協定を締結した。

アズビルは、1997年から東北大学と画像処理分野の共同研究を開始し、画像処理の産業化に対応した数多くの製品化を実現している。また、11年には「東北画像処理ビジネス推進協議会」を設立し、地域企業への技術指導も進めている。

このような背景の中、アズビルと東北大学は東日本大震災における東北の復興をさらに加速させるための支援で協定を結んだもの。具体的には、東北の被災地企業で構成される「東北画像処理ビジネス推進協議会」に対して、両者の共同研究成果である特許を保有する高度な画像処理技術である「位相限定相関法の実施権」について利用制限を緩和することにした。

位相限定相関法は画像マッチングに用いる画像処理の1つで、従来の手法と比較して、画像のわずかな違いを高精度に計測することができる。アズビルは指紋照合装置や工業用の位置決め用画像センサに応用して製品化しており、セキュリティや工業分野だけでなく医療分野など幅広い展開が期待されている。

今回の協定で、被災地の企業は同特許を含む独自のソフトウェアの開発が可能になり、かつ一定条件のもとでは特許使用料を減免されることから、試作品を開発したPRや、ユーザーの評価を受けるところまでを無料で実施できるなど、中小企業にとっての開発費負担や事業リスクの低減に繋がる。

アズビルでは、同協議会の企業に対して画像処理の事業化に向けた技術指導、事業化支援も合わせて行い、被災地の一刻も早い復興に取り組む。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG