アズビルと東北大学東北の復興支援へ協定

2012年5月16日

アズビルは、東北大学大学院工学研究科情報知能システム研究センターと、双方が保有する画像処理技術の学術面での発展ならびに産業における応用分野の開拓、さらには東日本大震災被災地域の企業支援を目的として協定を締結した。 アズビルは、1997年から東北大学と画像処理分野の共同研究を開始し、画像処理の産業化に対応した数多くの製品化を実現している。また、11年には「東北画像処理ビジネス推進協議会」を設立し、地域企業への技術指導も進めている。 このような背景の中、アズビルと東北大学は東日本大震災における東北の復興をさらに加速させるための支援で協定を結んだもの。具体的には、東北の被災地企業で構成される「東北画…