守りから攻勢へ政策転換FA制御商社事業・営業エリア拡大 勢力図が変わる可能性も

2012年5月16日

Fa市場の国内での拡大が厳しい中で、FA制御商社はリーマンショック以降進めてきた財務体制の強化策を転換、東日本大震災を機に動き出した社会資本再整備、産業の移動に合わせ事業領域と営業エリアの拡大に乗り出した。商社の勢力図が変わる可能性も指摘されている。 製造業の淘汰、海外移転が進む状況に対し、FA制御商社はLED照明やエンジニアリング機能強化など新商材と事業領域の拡大で、淘汰が懸念される流通業界での生き残り策を講じてきた。昨年の大震災で社会新資本の構築、企業立地の条件緩和が進み、FA制御商社もこうした構造的変化への対応も加味して、意欲的な営業エリアの拡大に向かい始めた。 関西地区では、サンセイテ…