Check !!

コグネックス三菱と連携の画像処理システム売上げの50%以上へ

画像処理システムメーカーのコグネックス(東京都文京区本駒込2―28―8、TEL03―5977―5400、島清史社長)は、三菱電機FA機器との連携製品の売り上げ比率を現在の20%余から50%以上に引き上げる計画である。三菱電機との連携を拡大し、国内だけでなく海外市場の開拓にも乗り出している。

同社は、画像処理システムの大手である米国コグネックスの日本法人。国内では半導体製造装置向け主体に販売してきたが、2008年に三菱電機と製品連携しFA市場に本格的に進出した。連携製品として画像処理システムIn―SightEZ―100シリーズ、In―SightEZ―100カラーを発売する一方、三菱電機代理店30社とオートメーション・ソリューション・プロバイダー(ASP)契約を結びFA市場を開拓してきた。売り上げも「FA市場は半導体製造装置向け以外にほとんどなかったが、三菱電機との連携製品が当社売上高の20%を超える」(島社長)までに成果を上げている。

同社ではこの4月に連携製品第3弾としてIn―SightEZ―700シリーズを発売した。従来、連携品は三菱電機シーケンサQシリーズと接続・親和性を図っているが、新製品は三菱電機の全シーケンサのほか、サーボモータ、モーションコントローラ、表示器、インバータ、ロボットまで対象を拡大した。

新製品で液晶・半導体、自動車、食品(包装)、飲料(製缶)など高速生産ラインの位置決め、検査、バーコード・2次元コード読み取り市場を開拓する計画である。

そのため、三菱電機販売代理店とのASP契約を増やすとともに、海外市場でも「三菱電機との販売連携を深めていく」(同)方針。

三菱電機FAシステム事業本部では、トレーニングスクールの画像処理システムについてはコグネックス製品を取り上げ、バックアップ体制を強化している。

こうした連携戦略により、同社は「連携製品は当社売り上げの50%以上」にする方針である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG