安全プログラムの標準化PLCopen 技術仕様書 Safety Software


一般的な注意事項
3.1.PLCopen
FB、およびその周辺との接続

PLCopenの例における安全入力装置および周辺コネクタとの接続は、単に例として示されているだけです。接点は、常時開放の位置に描かれています。ほとんどの例では、インテリジェントな安全入力が使用され、必要な故障検出を使用して1oo2の評価を実行でき、1つのSAFEBOOL信号を提供すると想定されます。しかし、1oo1として接点を別個に処理できる安全入力装置が使用されたりするかもしれません。このときの故障検出は、チャネルごとに別々に実行されます。この場合、安全アプリケーションのレベルおよび周辺の配線において追加の手段が必要になるかもしれない(異なるテストパルス、故障除外など)。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る