簡単配線で8種類計測通信機能備えた電力モニターシマデンが発売

温湿度制御機器・システムメーカーのシマデン(東京都練馬区北町2―30―10、〓03―3931―3481、島村一郎社長)は、電圧とCTの簡単配線で8種類の計測ができ、通信機能も備えた電力モニター「SDP16シリーズ」=写真=を発売した。

SDP16シリーズは、計測項目が積算電力、有効電力、無効電力、各相の電圧、各相の電流、力率、周波数、二酸化炭素排出量の8種類あり、工場からオフィスまで幅広い電力監視ができ、簡易操作で高精度表示・記録する電力モニター。

計測できる電圧はAC0V~400V・三相四線式、電流はAC0A~600Aまで可能。精度も電圧・電流が±(1・0%FS+1digit)、電力±(1・5%FS+1digit)、周波数±(2・0%FS+1digit)、力率±(3・0%FS+1digit)、積層電力量±(1・5%FS+1digit)と高精度である。

表示は、文字高14・3ミリの赤色7セグメント、大型5桁表示で見易い。

警報出力機能も備えており、計測値に対し上限・下限のしきい値が設定でき、しきい値を超えると警報する。

また、RS―485通信ができ、計測値をパソコンの画面上、一括で見てデータ保存することも可能。データ収集ソフトは無償でダウンロードできる。

このほか(1)小型(H48×W96×D111ミリ)サイズ(2)オートレンジ対応(3)最大255台まで統合監視可能(4)ACフリー電源(AC100~240V)(5)インバータ対応(6)ロキング機能搭載などの特徴を持っている。

オプションとしてCTセンサ(5A~600A各種)を用意している。

SDP16シリーズとは別に、教材用、営業用として電源と負荷をつなぐだけで計測できる携帯電力モニター(CTとRS―485コンバータ内蔵)も同時発売した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG