「西日本メカトロフェア」三菱が開催26社が出展、5億7千万円成約

三菱電機は、同社西日本メカトロソリューションセンター(兵庫県尼崎市)で、「三菱電機西日本メカトロニクスウインターフェア」=写真=を11月25、26の両日開催、780人が来場し、成約・内示金額5億7000万円を達成した。

同フェアは、西日本地区の顧客に対し、同社の最新の産業メカトロニクス製品を展示し、製造現場への効果的なソリューションを提案するプライベートフェア。

今回の主な出展内容は、高生産二次元レーザ加工機「eXシリーズ」、高精度ワイヤ放電加工機「NAシリーズ」、細穴放電加工機「SH12」のほか、新製品では新型細穴放電加工機「RH3525」などが展示された。

さらに今回は、同社の加工機を使用して加工された製品として9社が出展したほか、協賛会社13社、同社グループ会社4社の合計26社が出展し、会場を盛り上げた。

結果、2日間で780人が来場し、成約台数が放電加工機25台、レーザ加工機9台となり、成約・内示金額5億7000万円を達成した。

また、特別講演として貿易アドバイザー協会理事・関西支部長の芳賀淳氏が「元気なアジアと組んで躍進する方法」と題して行い、アジア各国の経済状況などについて説明した。

なお、同社のメカトロニクスウインターフェア2011は、東日本地区が12月1、2の両日、さいたま市の東日本メカトロソリューションセンターで開催、また中部地区は12月9、10の両日、名古屋市の同社名古屋製作所FAコミュニケーションセンターで開催予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG