リチウムイオン蓄電池因幡電機が増設用法人向けリースも開始

因幡電機産業は、9月から発売を開始したリチウムイオン蓄電池「G―LiFeセーブ」の普及を目指すため、法人向けにリースを開始するとともに、12月から大容量の蓄電を可能にする「増設用蓄電池」を発売する。

G―LiFeセーブは、電池容量2・3kWh、最大出力1・5kW、出力電圧AC100Vで、2・5時間で95%充電できる。今冬も電力不足が懸念され節電が求められているが、同社ではG―LiFeセーブの即納体制を整えている。

このほど、節電対策と業務用蓄電池のさらなる普及を目指すため、法人向けリースサービスを開始した。料金は5年契約で1カ月当たり2万4000円。専用のコールセンターを設置し、終日営業・年中無休体制で緊急時にも安心できるサポート体制を採っている。

さらに12月から、電池容量が約3倍拡張できる増設用蓄電池を追加発売する。

G―LiFeセーブに接続して使用するもので、電池容量は4・6kWhで、本体の2・3kWhと合わせると大容量になり、ノートパソコンなら約40時間、冷蔵庫なら約24時間稼働する。企業、官公庁、医療機関など幅広い分野へ導入をサポートする。

なお、増設用蓄電池は本体と同じく、台湾の半導体・電子部品メーカーPan
Jitグループとの共同開発で、因幡電機の自社ブランド「Abaniact」(アバニアクト)ブランドで販売する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG