SCF’11紙上出展各社 ネミコンロータリーエンコーダΦ18、Φ38シリーズ標準化推進、納期・コストを改善

ネミコンは、産業市場の顧客のニーズに応え、センサ・ロータリーエンコーダの専業メーカーとして40年以上の長い歴史を誇る。長年カスタム対応を真面目に、そしてかたくなに続けた結果、8000にも及ぶ機種数となり、納期やコストでマイナス面が出ていた。
そこで、親会社の米国・アバゴ社の半導体・光学技術を駆使し、機種統合化、標準化を進め、納期・コストの改善に向けて取り組んでいる。まず今年は、中核の小型機種として、φ18とφ38の両シリーズをアップグレードしながらリニューアル。

18シリーズは、シャフト型とモジュラー型があり、超小型ながら、出力はA、B、Zの3信号に対応し、分解能は1回転100パルスから業界最高の高分解能1600パルスまで11種類と豊富にそろっている。

同社では引き続き、超小型φ7と堅牢型φ50シリーズの市場導入を予定し、また磁気式の歯車センサも新しい装いと中身で再登場する。
(http://www.nemicon.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG