SCF’11紙上出展各社 イーティーエイコンポーネンツリチウムイオン酸化鉄電池鉛電池の3倍の容量で安価

2011年11月16日

イーティーエィ コンポーネンツは、サーキットプロテクタの専門メーカーとして70年以上の実績があるが、その長い歴史をベースにして販売しているのが、リチウムイオン酸化鉄電池。 省エネや節電、再生可能エネルギーなどによって、電池への需要が高まっているが、電池が原因による火災が今も起きている。 同社のリチウムイオン酸化鉄(正極材)電池は、安全第一を考えた電池として引き合いが増加している。酸化鉄電池は、自ら発火しないため安全性に優れ、しかも鉛電池の約3倍の容量があり、価格も非常に安いのが特徴。 また、既製の鉛電池と外形寸法、電圧特性などで完全互換性があり、充放電の学習効果もなく、長期間性能が維持できる。…