FA関連機器 最新製品・技術動向 ボックス・ラックデータセンター向け需要が高まる

電気・電子機器を収納し、屋内や屋外において外部の環境から内部機器を保護するボックス・ラックは、工場、店舗、事務所などの設備に必要な製品として堅調な動きを見せている。特に情報機器を集積したデータセンター向けに熱対策を施したラックの需要が高まっている。

東日本大震災により、被害を受けた工場設備が多く、配電設備の工事が進んでいる。こうした機器を収納して保護するボックス・ラックの復興需要も見込まれている。

ボックス・ラックの材料には、スチール、ステンレス、アルミ、樹脂などがある。それぞれ機械的、電気的、熱的、化学的影響や湿度の影響に耐え得る性能を有している。

技術的には、特に軽量化、省施工、熱対策、防じん・防水性、耐震性、粉体塗装などが重要なポイントとなっている。

軽量化、省施工の利点としては、薄板などを使用した軽いボックスは、高所などでの施工性が高まる。

熱対策としては、屋外用では遮光板を設けて直射日光による温度上昇を抑えたり、扉やボディーに換気口を設け、放熱効果を高めたりしている。

用途別では、(1)配電・制御盤用、コントロール盤、計器盤などの盤用(2)電話・TV機器収納、通信機器収納用などの情報通信用(3)メーターボックス、電話端子収納などのプラスチック製ボックス(4)ケーブル接続用端子を収納する中継ボックス―などに分類される。

これらのボックス・ラックの使用分野は、電気の安定供給、情報通信・ネットワーク、システム制御など幅広く、今後も大きな伸びが見込まれる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG