高精度な三次元機能を搭載コグネックス重なった部品でも容易に認識3D画像処理ソフトを発売

コグネックス(東京都文京区本駒込2―28―8、TEL03―5977―5409、島清史社長)は、画像処理ソフトウェア「VisionPro」の3Dバージョンとして、「VisionPro
3D」=写真=を発売した。

新ソフトは、高精度な三次元(3D)画像処理ツールを搭載したことで、リアルタイムで正確な三次元位置情報を計測し、二次元ツールでは不可能であった精密アッセンブリ、ロボットガイド式のデパレタイザや物流・移載などの各種の難しいアプリケーションに高精度で対応することができる。

また、積み重なって斜めになった状態の部品や、バラ積みされて整列していないさまざまな部品を自動化ライン上で位置決めすることもできる。この技術のベースとなっているのは、同社の高度な幾何学パターンマッチングツールPatMaxやPatFlexbなどで、ムラのある照明条件やパターンが部分的に覆われている場合など、最も難しい状況や条件においても高精度な部品位置決めを実現できる。同時に、高精度なキャリブレーションツールで、画像の歪みやカメラの位置を補正し、ロボットグリッパなどの可動部の動きとカメラを連動させて、三次元アプリケーションのパフォーマンスを飛躍的に高めている。

アプリケーションとしては、カメラ1台で行う三次元位置決め、固定型カメラとロボット用カメラの組み合せでアプリケーション、1台または複数のカメラを使うロボット用ピックアンドプレースシステムなどのほか、複数の固定式カメラを使用した位置決め、複数のカメラを使用する三角測量、カメラ2台を使用する三次元ショートベースライン、コンベアライン上のワークの寸法測定、仕分け、ピックアンドプレースなど多様な使い方ができる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG