星和電機広い通線孔で結線の自由度高向上配線ダクトを発売

2011年7月27日

星和電機(増山晃章社長)は、結線の自由度が大きいなど使いやすい新機能を搭載した「カッチングダクト」の新シリーズ「ハイクオリティタイプ(HQDタイプ)」=写真=19サイズを発売した。オープン価格。 同社は、側片折り取り式の画期的な配線ダクトであるカッチングダクトを1963年に発売して以来、配線作業の合理化と省力化に対応した製品の開発に努めてきた。新しく開発したHQDタイプは、使いやすい新機能を搭載したハイクオリティタイプ。 通線孔幅が10ミリと広いのでケーブルが取り出しやすく、結線の自由度が大きい。通線孔が底部まで開いており、壁を乗り越えずにT字分岐やケーブル取り出しができる。 従来品と同じく側…