星和電機広い通線孔で結線の自由度高向上配線ダクトを発売

星和電機(増山晃章社長)は、結線の自由度が大きいなど使いやすい新機能を搭載した「カッチングダクト」の新シリーズ「ハイクオリティタイプ(HQDタイプ)」=写真=19サイズを発売した。オープン価格。

同社は、側片折り取り式の画期的な配線ダクトであるカッチングダクトを1963年に発売して以来、配線作業の合理化と省力化に対応した製品の開発に努めてきた。新しく開発したHQDタイプは、使いやすい新機能を搭載したハイクオリティタイプ。

通線孔幅が10ミリと広いのでケーブルが取り出しやすく、結線の自由度が大きい。通線孔が底部まで開いており、壁を乗り越えずにT字分岐やケーブル取り出しができる。

従来品と同じく側片の折り取りが可能で、折り取り後は底部がフラットになり、長さ方向の折り取りが可能(通線孔ピッチ単位)である。

サイズは幅25ミリ~100ミリ、高さ40ミリ~100ミリ、定尺2メートル(全19サイズ)。材質はポリ塩化ビニル樹脂。色調はグレー。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG