「トルクインジケータ」を発売東日製作所

東日製作所(東京都大田区大森北2―2―12、TEL03―3762―2452、辻修社長)は、このほど表示分解能力を従来品の最大2・5倍に向上させたトルクインジケータCD5を発売した。本体価格は12万円。

主な特徴は(1)合否判定結果により液晶画面の色が白/赤/青に変化し合否の判定が一目で確認できる(2)センサー内蔵のトルクレンチと接続し締め付け作業と同時に合否判定や締め付けトルクのデータ管理に発展できる(3)CEマーキング適合など。電源電圧はAC100―240Vプラスマイナス10%。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る