Check !!

ARC大震災でのオートメーションのあり方などを発表「ABCフォーラム」開催

ARC
advisoryグループ主催、オートメレビュー社など協賛の「第13回ARCフォーラム2011ジャパン」が、東京・両国のKFCホールで23日開かれ、メーカーやシステムインテグレータ、情報システムサプライヤーなど関係者約200人が参加した。

毎年、この時期に開かれているこのフォーラムの本年のテーマは「オートメーション及びITソリューションを活用し、ビジネスエクセレンスを達成」。

今回は特別に計測自動制御学会(SICE)の協賛も得て、3月に発生した東日本大震災をテーマにパネル討論「大震災を契機にオートメーションのあり方を問う」が企画された。今回の大震災による多大な犠牲を、将来の持続的で安全・安心な新しい東北地方、新しい日本を創り出す方向について、オートメーション業界で活躍する5人の技術者が熱く討議した。

また、「プラントパフォーマンス最適管理への挑戦」及び、「サスティナブルな工場及び社会インフラの構築」と題し、アヴィバ、ベントレー・システムズ、日本IBM、三菱化学、安川シーメンスオートメーションドライブ、横河電機、三菱電機の各社から発表が行われた。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG