エーピーシー・ジャパン機器ごとの電力状況をリアルタイムにモニタリングが可能次世代型ラックマウントPDU発売

エーピーシー・ジャパン(東京都港区芝公園2―4―1、TEL03―6402―2147、シリル・ブリッソン社長)は、データセンターやサーバルームのサーバやストレージ、ネットワーク機器などのIT機器に配電するラック型の電源タップであるラックマウントPDU「Switched
Plus」(型番AP8641)=写真=を発売した。標準価格15万4000円。

Switched
Plusは、アウトレットごとの電圧、電流、電力、消費電力量(kWh)を、ネットワーク経由でリアルタイムモニタリングを可能とするインテリジェント機能を備えるPDU。

IT機器単位でより詳細に、かつリアルタイムにモニタリングすることが可能で、極めて詳細なエネルギー管理と効率化に貢献する。各機器の電力使用状況が容易に確認でき、本体のLCDには、PDU全体の電圧、アウトレットごとの電流、電力が表示される。

温度・湿度センサ(別売)により、リアルタイムで環境を監視。モニタリング監視の数値は、アラームのしきい値をリモートでカスタマイズ設定可能である。

アウトレットごとのOn―Off操作は遠隔から可能で、未使用のアウトレットの電源を落としたり、特定アウトレットの使用を制限することで、電流の過負荷を防ぎ、電気容量管理を含むエネルギー効率の最適化をサポートする。

本体部分は業界最薄の51・3ミリを実現。ラック内のIT機器の使用スペースが最大化でき、高温のラック環境において強力な過電流防止機能を提供する。

さらに、複数PDUのアウトレットをグルーピングする機能を備え、複数PDUをすぐに電源復帰することが可能。

また、同社の統合管理ソフトウェア「InfraStruxure
Management
Software」と連携させ、データセンターやサーバルーム全体の物理インフラと、ITを一括管理し、より効果的なエネルギーマネージメントソリューションを提供することができる。

そのほか、ロック機能付きのIEC入力ケーブルでケーブル用トレイが不要。出力ケーブルは0・6メートル、1・2メートル、1・8メートルがある。

なお、同社のラックマウントPDUシリーズは、世界で350万本以上(インストールベース)の販売実績がある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG