パラレルリンク機構を採用 安川電機高速搬送と広い動作範囲箱詰作業などに最適なロボット発売

2011年6月15日

安川電機は、パラレルリンク機構を採用して高速搬送を実現したロボット「MOTOMAN―MPP3」=写真=の販売を開始した。 セット価格は378万円(税込み)で、食品・薬品・化粧品等の小物製品や中間製品の搬送・整列・箱詰め用途を中心に年間300台の販売を計画。 パラレルリンク機構は、複数のアームが1つの先端を支持しており、各アームが並列(パラレル)に接続されていることで、複数のアームのパワーを先端部に集約し大きな力が出せるため高速化が可能となる。 同社としては、初めての製品化。 新製品は、パラレルリンク機構の採用で搬送速度が搬送質量1キログラム時で230CPMの高速化を実現しており、動作範囲も直径…