2011電設工業展主要各社の出展製品 富士電機機器制御電力監視データ配信ユニット「F-MPC Web」63台の計測端末つなぎ可視化

富士電機機器制御は電設工業展に、「明日を描く、明日を創る。信頼のベストパートナー富士電機」をテーマに、高効率・高信頼のコンポーネンツや環境・省エネのソリューションを展示する。

このうち、電力監視データ配信ユニット「F―MPC
Web」は、同社電力監視機器F―MPCシリーズなど最大63台の計測端末につなぐことができる計測データ収集ユニット。

本製品にはあらかじめ電力監視画面ソフトが組み込まれているため、専用ソフトなしでもパソコンのWebブラウザから電力監視が可能となる。また、Webサーバ機能をもつため、離れたところからでもインターネット経由で電力監視画面の閲覧ができる。設定も簡単で、接続されたF―MPC計測端末を自動で認識する。

機能面では、従来からの様々な電力監視機能に加え、新機能として、単位生産量あたりの電力使用量を可視化できる「原単位グラフ表示機能」や電力使用量を前日、前曜日と比較して3段階評価する「使用量評価画面機能」などを組み込み、さらに使いやすいものとなっており、簡単に、早く、低予算で電力監視システムを導入したいユーザに最適。(http://www.fujielectric.co.jp/fcs/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG