2011電設工業展主要各社の出展製品 日東工業太陽光発電システム関連製品安全性など最先端技術

日東工業は、今回の電設工業展で、低炭素社会の実現に向けて、次世代のエネルギーライフを提案する。

太陽光発電システム関連製品(産業用)として紹介する太陽光発電システム用接続箱は、開放電圧DC600V、450Vクラスに対応し、通電中の開閉が入力回路ごとに行え、安全性が高い。

その他、直流・交流集電箱、パワコン収納箱、蓄電池収納箱、計測変換器箱、系統連系対応キュービクルを紹介する。

太陽光発電システム関連製品(住宅用)としては、接続箱、太陽光発電システム用ホーム分電盤、総発電電力量計としてデザイン性に優れた「MBCメーターボックス」を紹介する。太陽光発電システム用ホーム分電盤は、太陽光発電側連系用ブレーカの小型化によるコンパクト設計で、業界トップクラスの小型サイズを実現。

「オール電化+太陽光発電」及び「W発電(太陽光発電+燃料電池・ガス発電)」に対応したホーム分電盤も大幅なコンパクト化を実現。

その他、充電スタンド、プラグイン分電盤、省スペース・低コストを実現する盤用パーツ、HEMS対応ホーム分電盤などを紹介する。
(http://www.nito.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG