2011電設工業展主要各社の出展製品 ケイテックケーブルアクセサリー「KBシリーズ」豊富なバリエーションを完備

ケイテックは、配線資材・ケーブルアクセサリーの総合商社で、最近では自社ブランド製品の開発にも注力している。

同社では、多様化するニーズに応えるため、従来の「GTシリーズ」に加え、Keiオリジナル製品の「KBシリーズ」として、ミニバンド、スタンダードタイプ、リピートタイプ、プッシュイン固定タイプ、ビス固定タイプ、リユースタイプなどを順次開発し、バリエーションの拡大を図ってきた。

このほど、GTシリーズとKBシリーズの型番頭部をKBに統一することになった。(変更例GT―100M↓KB―100)。

KBシリーズのミニバンドは、66ナイロンの一体成形による結束バンドで、一度結束するとロックされ外れない構造である。

スタンダードタイプは紫外線に強く、屋外での使用が可能。

さらに、高温環境下で使用可能な耐熱性タイプ、フッ素樹脂を使用し耐熱・耐薬品性に優れるタイプなど豊富なバリエーションを備える。
(紙上参加)
(http://www.keitec‐jp.com)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG