電設工業展特集生産ラインを電源トラブルから守る方策 ものづくり現場におけるUPSの必要性

現在、一般的な自動工作機械にUPSを採用している設備は少ない。生産ライン稼働中に電源トラブルによるラインの停止が発生した場合、作業途中で止まってしまった設備の復旧(自動運転条件の確認及び自動運転の再投入)やワーク(生産中の製品や構成部品)の取り除き等、復旧するための多くの工数が発生する。また復旧作業中は生産が停止してしまうので、その日の生産目標達成に遅れが生じ、作業工員の残業等で不要な人件費も発生する。

プラント系設備の場合は、各設備の状況(温度や水位、薬品濃度等)、検査機等の場合は、製品の検査データ等のロギングを行っている場合があり、停電の間このデータを消失してしまう。検査機や耐久試験機等の場合はどうだろう。

1回の検査・試験時間は、数十分から数日かかることもあり、停電により途中で検査を停止してしまうと、再度やり直しになり莫大な時間を無駄にしてしまうことがある。UPSを設備に導入することでこれらのトラブルを回避することが出来る。機器や機械の構造にもよるが、電源トラブル時に保護されている機器を安全に停止させるために、UPSは重要なバックアップ電源となりうるのである。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG