SNJ特別研究会を開催労働災害防止の重要性説明

セーフティネットワークジャパン(SNJ)は、SNJ特別研修会を東京・有楽町の東京国際フォーラムで16日開催、17人が参加した。

東日本大震災の発生で、「絶対安全はない」「人はミスをし、機械は壊れる」こと、また「安全は企業活動の生命線」であることを改めて思い知らされた。

今回の特別研修会は、こうした背景を踏まえ、「安全活動を通じた企業体質強化―非定常作業の災害防止」と題して、トヨタ自動車で安全衛生推進活動を中心になって進めてきた菱栄工機セフティアドバイザーの古澤登氏が講演した。

古澤氏は安全衛生に携わってきた長年の経験を元に、各企業は労働災害防止を具体的にどのように実践していくべきなのかを、人・モノ・管理の3要素から出来ることを積み重ねていく重要性を説明した。

安全確保に向けた活動を自ら携わりながら実践しただけに、説得力のある内容となって参加者の共感を得ていた。

SNJは、工場内などにおけるセーフティネットワークの普及に取り組んでおり、ドイツ本部を中心に、10年前からは日本にも支部を設置している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG