配電制御システム スナオ電気タイマーの即納可能部品確保し増産体制へ

タイマー・タイムスイッチ専門メーカーのスナオ電気(浜松市東区下石田町1495、TEL03―421―2281、和泉三雄社長)は、東日本大震災復旧と計画停電に伴う需要の増加に対応するため、万全の生産体制で臨み即納を堅持している。同社は、1週間制御のデジタル式・アナログ式カレンダータイマー、24時間デジタル式・アナログ式タイムスイッチ、年間プログラムタイムスイッチなどを製造販売している。製品に使用する半導体、コンデンサー、抵抗器などの部品を大震災前に大量に先行発注したため、現在の部品入手難を免れた。

大震災後、タイマー・タイムスイッチの受注量が増えているが、即納に支障をきたさないで済んでいる。

今夏に向けて産業界が節電対策に取り組むことから、タイマー・タイムスイッチの需要増加が見込まれるが、同社では生産体制を強化し引き続き即納を維持する方針である。

特に、マイコン搭載のデジタル式タイマー市場では6月以降に現在以上の供給力不足が起こり、少量ユーザーは入手できない事態も予測される。そのため、同社では全国の商社を通して少量のユーザーにも即納で応じられることをアピールする。同社では「電子部品に対して年内の使用量を確保している。そのため部品メーカーが大震災の被害を受け生産を停止しても、生産に支障をきたしていない。企業の土曜日曜操業やOA機器の一斉停止など節電対策にタイマーの採用が増加するが、需要に応じられる体制」という。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG