星和電機バリアフリーの認証取得LEDデバイスを発売

2011年5月11日

星和電機(増山晃章社長)は、LED業界として初めて人にやさしい社会づくりを目指すNPO法人「カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO=クドー)」から、認証取得されたLEDデバイス製品「バリアフリーLED.S」を発売した。オープン価格、初年度販売目標は500万個。 現在、公共関連施設や機器、家電製品、OA機器、自動車などのパイロットランプ、インジケータランプなど、色で機能を表現することが多くなり、色はますます重要な情報伝達手段となっている。 同社のバリアフリーLED.Sは、カラーユニバーサルデザインに配慮し、このような重要な色情報を色弱者の人が認識しやすく安全で快適な暮らしが送れるように機器や製…