2011年わが社の経営戦略 「北陽」ブランドに誇り持って取り組む

今年の重点方針は、成長してきたレンジセンサについて、専門部隊を作り一層の拡販を行うことと、海外展開加速の2点がメインになるだろう。今年4月から新しい5カ年の中長期計画がスタートするが、前回の中期計画のテーマである「チャレンジ100」の目標をそのままに、最終年度である15年度に売上高100億円達成を目標に頑張っていきたい。

このため、中期的には事業の優先順位をどう置くか、さらに狙うべき市場や国・地域はどこか、などの点を当社の独自性を持って探っていきたい。

中期計画の作成に当たっては、若手と部課長クラスの2クラスに分け、それぞれプロジェクトチームを作り、役員会などで討議を行い決定した。特に若手社員には我々の目の届きにくい部分での対応を指示し、部課長クラスはより現実的な対応を徹底させる。

また、100億円企業を目指すために「北陽ブランド」に誇りを持って仕事に取り組むなど精神的な鍛錬とともに、企業としての組織強化を図る。特に新工場が4月に稼働する予定なので、気合を入れて取り組んでいきたい。

レンジセンサは、すでに安全をテーマとする分野や屋外用、セキュリティ分野などで優位性を持っており、今後はインフラ分野など新市場に注力する。また、データ転送装置も様々な分野で成長しており事業の柱に変わりはない。

海外展開では、まず地域ごとにマーケティングを行い、当社の独自性が出せる地域から進出していく。米国の常駐拠点は、顧客とのレスポンスを早くするため、技術陣を独立させ、現地企業と常駐拠点と当社の三位一体で相乗効果を出していく。

さらに、他メーカーとの協業や、制御にこだわらない市場の開拓も重要で、常に前向きな姿勢で臨みたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG