2011年わが社の経営戦略 危機感を持ち市場開拓推進

2010年12月期の売り上げは、前年度落ち込んだ売り上げを取り戻し、2年前の水準を少し超え過去最高となった。MC社のコネクタがソーラー発電関係向けに堅調に推移したことに加え、販売に注力したストーブリ社のカプラも大口の物件が開拓でき売り上げに貢献した。ソーラー関係向けの販売はもっと売り上げが伸びると考えていたが、中国と日本のソーラーパネルメーカー間の競争が激しくなってきており、コネクタにも影響が出てきている。この傾向は今年さらに強まることが予想されるだけに、コネクタ需要も影響を受けるだろう。

前年度落ち込んだオヒナー社の機械安全機器も戻りつつある。

今年度は、今までの売り上げ拡大志向の姿勢をリセットし、利益重視での取り組みを強める。このところ国内の顧客が中国などに移転して現地調達に切り替える傾向を強めており、国内顧客中心の営業が基本の当社にとって、先行きに危機感を感じざるを得ない状況を生んでいる。市場形態が大きく変化する中で、これから数年後のビジョンを描きながら、取り組んでいきたい。

ソーラー関係では、海外メーカーのパネルが日本市場や海外市場で採用が増えることで、MCのコネクタが採用されるチャンスが増え、拡販が期待できる。

また、ソーラー以外の国内市場開拓に向けた取り組みを今年も意欲的に進めるが、特に環境、エネルギー関連を中心に、電池や電気自動車、鉄道関連などにも幅を広げていきたい。

展示会も、総合展や企業でのミニ展示会に積極的に出展しているが、今年もこの方針は継続していく。

「コネクタのソルトン」としての存在を引き続きアピールしていく仕掛け作りを進め、地盤をしっかりと固めていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG